読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スピリチャルコーチ   mayaのメモリーブログ

スピリチャルな視点と心理学を活用したコーチングで悩めるママ達を助けたい

その後

長い入院生活を終え

私が母のもとに戻った時は、私は本当の母を忘れていた

 

家に戻った時、私は泣きじゃくりながら父親にしがみついて

部屋の床になかなか足を付けようとしなかったそうだ。

その時の母の気持ちは

どんな気持ちだったんだろう・・・

愛する我が子が、小姑である夫の姉の事を母親だと思っていて

床に足をつけようとせず、DVの夫にしがみついているのだ

どれほど辛く悲しい気持ちだっただろう。

ここで

母親の話を少し書いておきたい

母は生まれてすぐ、母親が病死

その後は 消防士の父親とその姉によって育てられた

しかし母は、その父親が戦争に行ってしまった時期と

身ごもった時期とが微妙だったことによって

母はまるで背信の子として扱われ

父親の姉の叔母にひどい虐めを受けて育ったそうで

小学校を卒業し中学にも行かせてもらえず

捨てられるように、母は住み込みの奉公に出された。

 

奉公先では、休みが一年でお正月とお盆のたったの2日だけ

住み込みの奉公だから、朝暗いうちから起きて夜中まで働かされる。

普通の家庭なら、中学生の母はまだ育ちざかりだが

栄養状態も悪く、そうとう身体を酷使したのだろう

その頃から腎臓病を患うことになる

また、夜寝る前に入ったお風呂の中で身体の不調から気を失い

湯船の中で溺れしまって、耳の鼓膜がやぶれ耳までも不自由になってしまう・・・

母は事あるごとに「私は本当に悪い星の元に生まれた」と

まるで、ひとりごとのように呟いていた。