読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スピリチャルコーチ   mayaのメモリーブログ

スピリチャルな視点と心理学を活用したコーチングで悩めるママ達を助けたい

変な娘・・・

私の話に戻そう

保育園の頃から、今でこそオーラというのが

一般的に言われるようになったが

その頃はまったくそんな情報などなかったから

ずいぶん大人になるまで

それがオーラだとは知らなかった

 

人の後ろに色つきの靄のようなものがあり

靄の向こうに薄い人間をみていて、私に何かを訴えてくるが

まだ子供だった事もあり言ってる意味がよく分からない

ただ、その人の感情だけは伝わってくるので

心配しているのだな~とか ありがとうと言っているとか

悲しんでいるとか そういう事だけは分かった。

 

ただ小学校に上がるあたりから

徐々に見えなくなっていった

ただ、少し変わった子供だったのは変わらず

1年生の頃、印象的な出来事として思い出す出来事がある。

ある日工作の時間に先生から「今みんなが大好きなものや興味があるもの」を

粘土で作りましょう、との課題で、他の友達は可愛いウサギやケーキ 

男の子は車や飛行機などを作っていたが

私が作ったのは 入れ歯だった。

私にとって入れ歯は最高に興味深いものだったのだ

その頃たった1人だけ生きていたのが母方のおじいちゃん

そのおじいちゃんが時々うちに遊びに家にきたとき

カパっと口から外す入れ歯が、なんだか不思議で興味深かった。

父が技工の仕事をしていた事も大きかったのだろうと思う。

 

しかし、その粘土の入れ歯を見た友達にとても笑われてしまって傷ついた

でも、一年生の担任の先生は私を少しも笑わなかった

心の中はどう思っていたかは分からないが、その独創性を褒めてくれた。

今でも感謝している。