読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スピリチャルコーチ   mayaのメモリーブログ

スピリチャルな視点と心理学を活用したコーチングで悩めるママ達を助けたい

インフルエンザ

そろそろ現在にもどって

普通のブログのように日々の日記のようにしていきたいが

自分自身の回顧も織り交ぜながら

綴っていければと思う・・・

 

さて、私の息子は

中学2年生から、虐めがきっかけで不登校になった。

高校は通信だ。

その不登校を経験し 様々な件を乗越え

今は私の影響や自分自身の経験もあって

現在大学生で心理学科に通っている。

その息子が、昨日から高熱で学校を休んでいる

385分 インフルエンザだろうなと思って

医者に連れて行ったらやはりA型のインフルエンザだった。

 

インフルエンザの予防接種はしていない

私が通っているヨガの先生がもと看護師で

絶対に予防接種はしてはいけませんよ!と強く言われたこともあって

ここ3年ほど前から打たなくなった。

 

以前は 母が透析患者だったこともあって

万が一感染してもいけないと毎年打つようにしていた。

 

ここで

母が透析に至った時の話をしておきたい

母は以前の記事にも書いたが、苦労人で

中学にも行かせてもらえず、奉公に出され

そうとうに無理をした為、慢性腎炎を若い頃から患っていた

私を生むのも命がけで生んだらしい

 

慢性腎炎とは静かな病気で

少しずつ少しずつ身体を蝕んでいく病気らしい

私が高校2年生のテスト期間に、仕事の最中母は倒れた。

 

それは、私が中学生の頃

父が歯科医院の職を得て安定した生活を送っていたのに

一緒に働いていた人を殴ってしまい解雇されてしまった。

 

父は絵描きという職業も持っていたが

絵で生計を立てるほど売れるような著名な画家でもなく

いわゆる売り絵のような富士山や売れる絵を画いていなかった為

母が大黒柱として必至で働いていた。

また、その後ろめたさなのか、罪悪感からなのか

その頃から父の暴力はエスカレートしていて

毎日のように私たちを殴ったり蹴ったり、家の中を荒らした。

 

今の私なら、黙って殴られているような事はせず

警察に電話するとか、刃向うとか何かしたと思うのだが

すり込み現象なのか、私は父に一度も反抗することなく

ずっと我慢していた。母も一緒だった。

忘れられないのは、梅雨の時期に部屋の中に洗濯物を干してあって

それが鬱陶しいと怒り出し、母を殴り続けた。

止めに入った私も殴られて、またそれをかばった母は

また一段とひどい目にあった。

母は頭から流血し、血が止まらなくなって

病院に駆けつけた事がある。

 

そんな日々が何年か続いて

ついに母は倒れた。

救急で運ばれ、尿毒症を起こしていた母は緊急手術を受けた

人口透析を受ける為の外シャント手術というものだ

衝撃的だったのは、手術を待つ間

意識がない母のベッドの横で母をみていたら

母が急に咳き込み、洗面器いっぱいほどの血を吐いた

私はあまりにも驚いて、その血を母の口の中に戻そうした。

苦しそうに咳き込む母、ハッと正気に戻り

すぐにボタンを押して看護師さんを呼んだ

後から医者に聞くと、あと一日手術が遅れていたら

母は死んでいただろうと・・・・

それから34年間もの長い間 母は透析を受ける事になったのだ。