mayaのメモリーブログ

スピリチャルmayaが日々想う事や思い出を綴ります。

フリーランス

会社から帰って、食事の片付けをしながら

テレビを見ていたら

日本の8人にひとりはフリーランスになる時代だそうだ。

会社などの組織に属さず

ネットで仕事をする人が増えているんだとか

しかし実態はかなり過酷らしい。

フリーのライターで下請けになると

なんと時給92円という人もいた。

内職の方がまだましだ。

 

私の父は自由業の絵描き、つまりフリーランスだった。

売れる絵を描けば、結構なギャラになるが

そうは甘くはなかった。

 

ずっと母が外で働いて

私たちは生活していたが

私が高校2年のときに

母が人工透析に入ってからは

固定収入はゼロ、明日食べる米すらなかった。

私のお年玉貯金を切り崩し、生活費に当てていた。

 

でも、その一番苦しいときに

いつもそばにいてくれた友がいた。

その友とは、ずっと変わらず親友で

彼女もシングルマザーになってから

私が会社に呼び寄せ、ともに働いている

 

私が勤める会社は創業34年になるのだが

ほとんど業績が下がったことがない

本当に幸せな事だと思う。

 

フリーランス

言葉はかっこいいし 

もしそれで生活が成り立つなら

それはそれで良い生き方だと思う

 

私も母の介護や息子が不登校になった時

息子に 「お母さん、虐めとかない学校のあるような

田舎に引っ越して お母さんと二人で暮らしたい」と

と言われた時には

この会社を辞めて、そんな土地に移り住もうかと

真剣に考えたことがあった。

 

でも今は、あの時辞めなくて良かったと思う。

そして会社を辞めずに通える場所の

今の家を見つけて引っ越せたのも 本当にラッキーだった。

職場からわりと近いが 本当にのどかで

自然がいっぱいの場所・・・自然は人の心を癒してくれる

 

自分の直感に従うことは重要なことなんだと思う。

たとえ愛する子供のためでも、自分の全てを犠牲にしてはいけない

 

自分も子供も幸せになる道を探すのだ

道はいくつもあるはず・・・