mayaのメモリーブログ

スピリチャルmayaが日々想う事や思い出を綴ります。

雨漏りのその後

久しぶりのブログ更新である。

年に一回の自らのライフワークとなっている

全社研修が終ったが、その後

自宅の雨漏りがひどくなり

様々な業者と土日毎に状態を見てもらったり

あちこちに点検口をつけてもらったりしていたが

ついに、ついに原因の追究にいたった

屋根だと思っていたのだが・・・

スピ友のパートナーが工務店であるのを思い出し

相談をしてみたところ、今まで屋根だと思っていたのが

違うのでないか、ということになり

散水など様々な方法で調査してくれたのだ。。。

持つべきものは友である。どの業者よりも

親身になって、やってくれて300万かかると思っていた工事が

壁の補修と塗装だけで済みそうである。

 

この悩みには、まずは決着が付きそうで

安心したのもつかの間

仕事では様々 人間関係のトラブルが勃発

この3週間ほどは、ある人を通して、自分の傲慢と

向き合う事となった。

 

その人が入社したのは

私の紹介で12年ほど前

大手自動車メーカーにいたこともあり

仕事のできる人間だ・・・

ただ、とても傲慢で、度々人間関係でトラブルを起こし

何人もの人たちを退職させきた。

 

役職的には私のほうが上なのだが

頭の回転が速く、実務能力が高いので

今まで本当に私の右腕としてよくやってくれていたのだが

ある事がきっかけで、何かと組織の調和を乱す言動や行動が

目立つようになった。

私にも歯向かうことが多くなってきた。

そんな折、重要な報告義務を怠り

組織として、服務規律に反するとして

暫く謹慎という形となったのだ。

 

謹慎の前や謹慎中に

何度が彼女と話し合った。

なぜ、彼女が人間関係でいつもトラブルを起こしてしまうのか

無意識に気に入らない人を虐めてしまうのか

また、受け入れられない心の傷を抱えているのか

彼女を通して、私自信の傲慢さにも気づくことができた。

 

私は知らず知らずのうちに

彼女を裁いていたのだ

私が彼女を影で支え、トラブルも

うまく処理してきた。

彼女に感謝されても良いはずなのに

歯向かってくるなんて許せない!と思っていたのだ・・・

 

自分が人の為に何かすることは

見返りを求めてやっているという事にも気づいた。

感謝されたい。

助けてあげた代わりに

助けてほしいと思っていた。

 

見返りなど望まず

人に愛を与えられる人でありたい

自分の傲慢さを恥じる・・・