mayaのメモリーブログ

スピリチャルmayaが日々想う事や思い出を綴ります。

小学2・3・4年の頃

小学校2年生か3年生の頃の想い出

あの時代はドッジボールが大流行で

クラスメートの全員、休み時間にドッジボールをしていた。

でも私は、人に思い切りボールを投げてあてるという行為が嫌いで

また足の速い私はいつも最後まで逃げ回りそのくせボールを受けようと

しないため、皆に大ブーイングをくらってしまい

それ以後ドッジボールには参加せず

独り教室で、雑誌「りぼん」の付録についていたタロットカードで

ひたすら色んな事を占っていた。

子供の自分でもびっくりするほど色んな事が当たっているので

怖くなってやめてしまった。

 

当時のクラス写真を見ても、家の中も暗かったので

顔がまったく子供ではない、悲しいくらい大人っぽい。

 

私のちょっとした転機になったのは4年生の時だ

4年生の担任が新任のとても明るくて元気な男の先生だった

その先生がちょっと変わった私を何かと気にかけて

よく声をかけてくれた。

 

また、私は走るのが早くて運動会ではいつも一番で

父や母も先生も褒めてくれる

特に父親は自分の足が不自由だった事もあって

私の足が速いのが嬉しかったのだろう

 

私は中学にあがって

陸上部に入部した。

この陸上との出会いが、少しずつ

私に良い影響を与えていくことになるのだが

また、その話は何かの時に書くことにする。